2018年12月15日

㉜ I died for beauty, but was scarce  エミリーさんの詩にお拙解

                         by まさを

I died for beauty, but was scarce
    私は「美」を追いかけて死んだ、だがわずかな間もなかった

Adjusted in the tomb,
    墓の中に落ち着こうとしていたのに

When one who died for truth was lain
    おりしも真理を求めて死んだ者が横たえられたから

In an adjoining room.
    隣りの墓室に

He questioned softly why I failed ?
    彼はやさしくたづねた、何がいけなかったのかいと?

"For beauty," I replied.
    「美」だ、「美」を追いかけてねと私はいってやった

"And I for truth, − the two are one ;
    そうかい、わたしゃ「真理」だったね − まあ、おんなじこった。

We brethren are," he said.
    私たちは仲間だと彼は言った

And so, as kinsmen met a night,
    そんな具合に、ある夜から親戚づきあいが始まったのさ

We talked between the rooms,
    私たちは話し合った、部屋の壁を通して

Until the moss had reached our lips,
    私たちの唇に苔があがってくるまで

And covered up our names.
    私たちの銘板に苔がむすまで


<No.449> 1862年 31歳 / 55




posted by かちかち山 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エミリーさんの詩にお拙解