2019年02月17日

㊳ The Spider holds a Silver Ball  エミリーさんの詩にお拙解

                         by まさを

The Spider holds a Silver Ball
    蜘蛛は銀色の玉をひとつ

In unperceived Hands −
    人には見えぬ手のうちにかくしています −

And dancing softly to Himself
    そしてひとり静かに踊りながら

His Yarn of Pearl − unwinds −
    真珠のような糸を − ほどいていくのです −


He plies from Nought to Nought −
    せっせと行ったり来たり、空しく何にもない処を −

In unsubstantial Trade −
    絵空事の商売で忙しいと −

Supplants our Tapestries with His −
    私たちの壁掛けを彼のものと交換しています −

In half the period −
    さっさとてきぱきと −


An Hour to rear supreme
    一時間もするとできたのはご立派な

His Continents of Light −
    彼の光りかがやく大陸でした −

Then dangle from the Housewife's Broom −
    と思ったら、もう主婦の箒の先からぶらさがっています −

His Boundaries − forgot −
    彼のつくった国境は − もはや忘却の彼方 −


<No.605> 1862年 31歳 / 55




posted by かちかち山 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エミリーさんの詩にお拙解